山の奥でドラクエ三昧

ドラクエ10のことはんぶん、日々の事はんぶん。役に立ちそうで立たない記事満載です

今回も貴重なひとこと頂いております

f:id:dq10ritata:20190302230939j:plain

 

アストルティア☆ナイト総選挙!

今回もクイーン戦の時大好評だった

(かは知らないですが)

出場者の皆様から貴重なお言葉をいただいてます。

 

投票をすると手作りカップケーキと一緒に

もらえるありがたーいひとこと

見ていきたいと思います

 

 

 

ちなみにクイーンのみなさんからのはコチラ

www.ritata-dq10.com

 

 

 

 

 

No.1 ヒューザ

f:id:dq10ritata:20190303123513p:plain

「コイツは 投票してくれた 礼だ。

 オレが 手作りした カップケーキさ。

 ちょうどいい。ここで 食べてけよ。」

 

○○は ヒューザから

クールな香りの カップケーキを受け取り

その場で かじりついた。

さわやかなミントの香りが

クチいっぱいに 広がる・・・・・・。

○○は ぺろりと たいらげた。

 

「投票してくれて ありがとな。

 あんたの気持ちは 受け取ったぜ。

 今年も オレが ナイトの座をいただく!」

 

 

やっぱりなんだかんだ言って

しぐさも言葉もイケメンですね

さすが2連覇のヒューザさん

 

 

 

 

 

No.2 ギルガラン王子

f:id:dq10ritata:20190303123531p:plain

「・・・・・・ふん。命拾いしたな。

 もし 俺以外に 投票したら

 どうなっていたことか・・・・・・ククッ。

 投票の褒美を くれてやろう。

 カップケーキとやらを 焼いてみた。

 遠慮せず 食らうがいい。」

 

○○は ギルガラン王子から

炎のように赤い カップケーキを受け取り

その場で かじりついた。

スパイスが効いた 甘すぎない味わいは

一度食べたら 忘れられない おいしさだ。

○○は 舌が 真っ赤になった。

 

「俺に 投票するとは 賢明だな。

 アストルティア・ナイトに ふさわしい男は

 俺なのだと よく わかっているようだ。」

 

 

選ぶ相手失敗したかも・・・と思うほどの俺様

 命がけの投票でした

舌が真っ赤になっても虜になっちゃうよね

これは好き嫌いが分かれそうだー♡

そして好きだー♡

ヒューザにケンカ売ってるしΣ(・ω・ノ)ノ!

 

 

 

 

 

 No.3 グリエ王子

f:id:dq10ritata:20190303123608p:plain

 「僕に 投票してくれたんですね。

 ありがとうございます。

 こういうのって うれしいものですね。

 大したものでは ありませんが

 投票のお礼を 用意しておきました。

 この 手作りカップケーキを どうぞ。」

 

○○は グリエ王子から

ていねいに焼き上げられた カップケーキを

受け取り その場で かじりついた。

美しい見た目に そぐわぬ

スパイシーな味わいが おいしい!

○○は ぺろりと たいらげた。

 

「投票 ありがとうございます。

 みんなの期待に 応えられるように

 精一杯 がんばりますね!」

 

 

打って変わって謙虚ですね

でもこの見た目でこの謙虚さで

スパイシー風味

ギャップー!♡

 

 

 

 

 

No.4 ラウル

f:id:dq10ritata:20190303123820p:plain

「キミがくれた この1票が

 俺を 勝利へ導いてくれるんだ・・・・・・。

 感謝するぞ ○○。

 さあ このカップケーキを 受け取ってくれ。

 ・・・・・・協力してくれた キミへの

 ちょっとした プレゼントさ。」

 

○○は ラウルから

満月のように まんまるな カップケーキを

受け取り その場で かじりついた。

控えめな甘さに ほろ苦い香りが

ちょっぴり混じった 大人の味だ・・・・・・。

○○は じっくり味わった。

 

「キミの協力を ムダには できない。

 全身全霊をかけて ナイトの座 奪還に

 つとめると 誓おう。」

 

 

ラウルのカップケーキだけじっくり味わってます

みんなのはぺろりだったのに!

やっぱりこの人は特別感あふれるな~

マリーンと再会して欲しすぎるよ

 

 

 

 

 

No.5 ラグアス王子

f:id:dq10ritata:20190303123900p:plain

「ありがとうございます。

 ともに 手を取り合って アストルティアの

 明るい未来を 築きましょう!

 そうだ。投票のお礼として カップケーキを

 焼いたんですよ。おじさん直伝のレシピです!」

 

○○は ラグアス王子から

愛らしいデコレーションの カップケーキを

受け取り その場で かじりついた。

色も味も なんとも スイートな

見事な出来栄えだった。

○○は ぺろりと たいらげた。

 

「あなたの ご協力の おかげで

 ぼくが ナイトの座に輝く未来が また1歩

 近づいたようです。ありがとうございます!」

 

 

おじさん直伝て絶対美味いやつじゃん

食べたい・・・・

 

 

 

 

 

No.6 城主ダストン

f:id:dq10ritata:20190303123931p:plain

「・・・・・・わしに投票するようなヤツに

 お礼なんか したくないですが メリルって

 小娘に しかられちまいますからね・・・・・・。

 ぷぎぃーっ! この カップケーキを

 くらいやがれですよっ!!

 そうして とっとと 立ち去りなさいッ!」

 

○○は ダストンから

カップケーキなのかどうか 見た目からは

判断しかねるものを 押し付けられた!

なんとも言えない えぐみが あるが

食べると 全身の疲れが 取れる気がする。

○○は ぺろりと たいらげた。

 

「これで もう アンタに用はありませんッ。

 さあっ どこへなりとも 行きなさいッ!

 ぺっぺっぺっ!」

 

 

 ぺっぺっぺー!

 

 

 

 

 

No.7 ファラス

f:id:dq10ritata:20190303123947p:plain

「おお! 他ならぬ そなたが

 自分を選んでくれるとは ありがたい。

 これで 勝機は 見えましたぞ!

 では お礼を お渡ししよう。

 自分が 見よう見まねで 作った

 カップケーキです。さあ遠慮せず ガブっと!」

 

○○は ファラスから

そぼくな香りの カップケーキを受け取り

その場で かじりついた。

やさしい甘みに 塩味が トッピングされた

いくつでも 食べられそうな おいしさだ。

○○は ぺろりと たいらげた。

 

「そなたの加勢があれば 百人力!

 今ならば アストルティア・ナイトの座を

 勝ち取るのも 夢ではないかもしれんな。」

 

 

なんだろう

すごく素敵なのに萌えない

なんでだろう

ドラクエ七不思議

 

 

 

 

 

No.8 プクラス

f:id:dq10ritata:20190303123957p:plain

 「ボクに 投票してくれるなんて

 うれしいよ。本当に ありがとう。

 ふふっ なんだか 照れくさいね。

 そうだ。お礼に あげようと思って

 カップケーキを作ったんだ。

 よかったら 食べてみてくれないかい?」

 

○○は プクラスから

ふしぎな光を放つ カップケーキを受け取り

その場で かじりついた。

カップケーキの常識を ひっくり返す

味わいは まさに おいしさ新発見だ!

○○は ぺろりと たいらげた。

 

「もし ボクが ナイトになれたら

 最初は 何をしようかな~。

 あっ まだ 気が早かったね!」

 

 

そうだね^^

ストーリーが進んでなくて

この方まだお会いしたことありません

どんな人なんだろー?

 

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

皆さん個性出てますね

 

結果発表が楽しみすぎる

10日まで毎日通うのだー

 

 ポチるのだー


ドラゴンクエストXランキング